料理

専門学校へ通って料理について知識や技術を身につけよう

高い技術を証明するもの

料理

バリスタとは、コーヒーについての知識が豊富であり、お客さんが満足できるコーヒーを提供してくれる人のことです。バリスタは、知識や技術を身に着けている人であれば誰でもなることができます。そのため、特別な資格が必要なわけでもないのです。しかし、バリスタの資格を持っていると、周りの人から高い評価を得ることができ、その証明にもなるのです。そのため、バリスタの資格を取得しようと勉強する人は多いです。

バリスタの資格を取得するためには、バリスタ専門の試験を受けなければなりません。バリスタの資格には、Level1からLevel3の段階があり、その上に、インストラクターというものがありそれぞれによって試験内容が異なります。Level1からLevel3までの試験内容は、筆記試験と実技試験で行われます。筆記試験では、Levelによって出される問題の数が異なり、実技試験では、Levelに合わせた技術を見るための試験となります。しかし、その中でも、インスタクターの試験内容は、公式で明らかにされていないため、どのような試験なのか知ることができませんが、試験では、自分の実力を試す場でもあるので、やってきたことをしっかりやることが大切なのです。試験の合否は、筆記試験と実技試験の点数を合わせた総合点で判定されることになっています。そして、判定が出た後日に郵送で送られ合否を知ることができる仕組みになっています。バリスタの資格を取得するための勉強は、独自で行う人もいますが、専門学校へ通う人も多いです。勉強法には色々な方法があるため、自分に合ったスタイルで試験に向けて勉強を行うとよいでしょう。

Copyright ©2016 専門学校へ通って料理について知識や技術を身につけよう All Rights Reserved.